auひかり、どこで申し込むのが一番いいの?

auひかり
高速インターネット回線「auひかり」には、大きく3つの申込み先があります。
それぞれに特徴があり、特にキャンペーン内容によって総費用にも大きな差が出ます。営業マンの強引な勧誘に惑わされず、しっかり理解した上で申し込むようにしましょう(笑)。

auひかりの申込先 徹底比較解説!

1.au公式から申し込む

auの公式サイトやauショップから申し込むことが可能です。公式の安心感はありますし、キャンペーンも実施しています。ただし、下記のプロバイダや正規代理店に比べて、キャンペーンのお得度は控えめ
実際のところ、公式から申し込むメリットはあまりありません。

2.auひかり取り扱いプロバイダから申し込む

So-net、nifty、BIGLOBEといったプロバイダからauひかりに申し込むことができます。
au公式からの申込みに比べ、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているメリットがあります。必要な条件(オプション加入など)も下記の正規代理店よりは少ない傾向にあります。

一方デメリットとして、特典を受けるためにはそのプロバイダについて新規契約であることが必要です。申し込みの際はもちろんしっかり内容確認が必要ですが、比較的良心的かつお得度が高くおすすめできます。大手の上場企業が運営元となりますので、安心感を求める方にもおすすめできます。
お得度・安心感ふくめてバランスの取れた申込み先で、ここから申し込んで後悔することは少ないでしょう。

詳しく見る→プロバイダ会社から申し込むメリット・デメリット

3.正規代理店から申し込む

キャッシュバックの最大額が大きいiPadの無料配布など、特徴的なキャンペーンを実施していることがメリットです。代理店によってはキャッシュバックの支払いが早い、といった場合もあります。

一方で、大きなキャッシュバックを受け取るためには、多くの有料オプションに加入する必要があったり、友だちを●人紹介するごとにキャッシュバック額が増えるなど、条件をクリアする必要がある場合が多いです。

au公式から申し込むよりはお得ですが、しっかり条件を確認しないと痛い目を見る可能性もあります。

詳しく見る→正規代理店から申し込むメリット・デメリット

※その他の代理営業

代理店に属している営業マンの訪問営業や、家電量販店出張などがあります。基本的には営業コストが低い分、ネット申し込みの方がオトクになることが多いですね。
また、引っ越しをした際に、引っ越し業者から勧誘を受けることも多いです。これはNG。引っ越し業者がマージンを取っているので、キャッシュバック額が小さくなっているなど、旨みは小さいです。

まとめ

まとめると、後悔しない選択方法は以下となります。

お得度至上主義!落とし穴にはまらない自信がある

 正規代理店がおすすめです。キャッシュバック額が高いなど、「お得度の最大値」は一番です。ただし、有料オプションをはじめとした条件が付いてくるケースが多いため、くまなく確認しましょう。
申し込み方法は各正規代理店の公式サイトからとなります。

ネット回線はどうも信用ならない。でもなるべくお得に申し込みたい。

 プロバイダ会社からのお申し込みがおすすめです。大手企業が運営しており、えげつない落とし穴はまずありません。且つ、キャッシュバック額が大きかったり、セキュリティサービスの割引やルーターレンタル費の割引などキャンペーンも充実しています。
申し込み方法は各プロバイダの公式サイトからとなります。

公式からの申し込み以外は考えていない。

 au公式サイト・ショップからのお申し込みとなります。家電量販店などに入っているスタッフは代理店の人であるケースもありますので注意しましょう。

番外編:他社ひかりとの比較

フレッツ光と比べてauひかりの特徴は?

auひかりは、フレッツ光に比べて最大速度が1Gbpsと高速です。また料金面では月額料金に大きな差は出ないものの、auスマートバリューを併用することでかなり安くなることが大きな特徴です。
一方デメリットとして、エリアがフレッツ光に比べると狭く、場合によっては契約できないことがあります。また、プロバイダの選択幅がフレッツ光に比べると少なくなります(大手は押さえてあります)
詳しく見る→フレッツ光とauひかりのメリット・デメリットを整理

NURO光と比べてのauひかりの特徴は?

NURO光は下り最大2GBの高速回線がウリ。auひかりは1GBですので、実速でもNURO光の方が出ます。もっとも、普通にインターネットで動画を観たりする分には、実速10MBもあれば体感的には変わりません。
ではNURO光に申し込む人はどういう人かというと、インターネットのヘビーユーザーが家族に複数人いる場合です。無線LANにそれぞれアクセスすると、ひとつの固定回線を分け合う形になります。そこで、例えば息子さんがオンラインゲームをして、娘さんはYoutubeを閲覧…という風に皆でかなりのデータ通信を行う場合、NURO光は有効ということになります。

また、料金面では、NURO光は月額4,980円となり、やや割高です。ただし、ソフトバンクユーザの場合はスマホBB割を利用することで、月々1,480円の割引が可能です。(auひかりの場合はauスマートバリューで同じことができますね。)
その他、NURO光は関東圏に限られており、またマンションの場合3階以上には設置できないといった制限があります。

新興サービスですので今後に期待というのが現状ですね。詳しくはNURO光 評判をご覧ください。